歯周病治療

もし、歯科医院で「あなたは歯周病にかかっています」と言われたとしても、珍しいことではありません。成人の約8割が多かれ少なかれ歯周病にり患しています。歯周病は単なる歯肉の炎症から、歯を支える骨や歯肉に大きなダメージを与える重篤な状態までを言います。歯周病の進行を止めるか、遅らせるか、あるいは悪化させるかは、これ以降の歯と歯周組織の毎日のケアをどれくらいするかにかかっています。

なぜ歯周病になるの?

私たちのお口のなかは、バクテリアでいっぱいです。バクテリアは唾液などとともに歯の表面に粘着性で色のないプラークを形成します。ブラッシングやフロスをすることで、除去することができます。しかし、除去されないプラークが固まってブラシでは除去できない、歯石となります。歯石はプラークが固まったものなのです。これらが歯周病の直接的な原因となります。歯石は歯科医院で行うプロフェッショナルクリーニングで取り除くことができます。

歯肉炎

プラークや歯石が歯に付着するのが、長ければ長いほど害も大きくなります。中にあるバクテリアが歯肉の炎症を引き起こします。歯肉炎と呼ばれています。歯肉が赤く腫れて出血しやすくなります。歯肉炎は歯茎の病気としては程度は軽く、通常、毎日のブラッシングやフロス、歯科医院での定期的なクリーニングで完治します。ここでは、歯を支える骨や歯茎の喪失を喪失していない段階です。

歯周炎

歯肉炎が治療されずにいると、歯周炎へと進行します。歯のまわりの炎症という意味です。歯周炎になると、歯から歯肉が引き離されて(歯周ポケット)感染性の空隙ができます。免疫機構がプラークがまき散らしたり歯肉の下で育てられたバクテリアと戦います。バクテリアの毒性と体の炎症反応により、骨や歯をその場所に保つ結合組織は壊されていきます。治療を行わないと、骨と歯肉と歯を支える組織は破壊されます。歯は最終的にゆるくなって抜かなくてはならなくなります。

歯周病のリスクファクター


喫煙
禁煙に別の理由が必要ですか? 喫煙は歯周病進行と関連する最も有意なリスクファクターです。さらに、治療の成功率を下げてしまいます。

女性のホルモン変化
歯肉の感受性をあげて歯肉炎が進行しやすくなります。 糖尿病 歯周も含めて感染が大きくなるリスクが高いです。

その他の疾患やその治療
AIDSなどの病気やその治療は、歯肉の健康に悪影響を与えます。癌治療も同様です。

服薬
副作用で唾液の量が減ってしまうお薬は何百もあります。唾液はお口を守る働きがあります。唾液が十分にないと、お口の中は歯周の病気に感染しやすくなります。そして、お薬の中には、歯肉を過剰に大きく成長させてしまうものもあり、そうなると、歯や歯肉を清潔に保つのが難しくなります。

遺伝的な感受性
通常の人に比べて、歯周病が重篤化しやすいひともいます。

どんな人が歯周病になるの?

通常30代か40代になるまで、歯周病の兆候は通常ありません。女性よりも男性の方がかかる傾向があります。10代の人たちはほとんど歯周炎を進行させることはまれですが、歯周病の中でも軽度な歯肉炎は進行します。共通して言えるのは、歯周炎はプラークが歯肉に沿って、あるいは歯肉の下に堆積するときに進行すると言うことです。

歯周病にかかっているかどうやって知るの?


歯周病の兆候は以下です。

・なくならない口臭
・赤いもしくは腫れた歯肉
・柔らかいもしくは血が出る歯肉
・咀嚼すると痛む
・歯が緩んでいる
・知覚過敏
・歯肉の後退や歯が長く見える

これらの兆候は歯科医師が検査をすべき重大問題のしるしかもしれません。そうなった場合、以下のことをします。

・歯肉の病気に影響している全身状態や、喫煙などのリスクファクターを把握するために、全身状態を伺います。

・歯肉を検査して、炎症をおこしている兆候を記録します。

・ポケット探針、プローブと呼ばれるちいさな定規を使って歯周ポケットの深さを測ります。健康な歯肉の場合、ポケットの深さは通常1-3mmの間になります。健康な歯肉であれば、通常痛みはありません。

・レントゲン撮影をして、歯を支えている骨がどれくらい無くなっているかを把握します。

治療メニュー


歯周病治療の主なゴールは、感染をコントロールすることです。歯肉の状態に応じて治療方法は数多くあります。どのような治療方法にしても、患者様自身が毎日自宅で歯をしっかりとお手入れする必要があります。治療効果を向上させるために、習癖改善(上下の歯を接触する習癖改善や、禁煙など)を提案することもあります。治療方法は主に以下になります。

深部のクリーニング(スケーリングとルートプレーニング)
歯科医院では、スケーリング・ルートプレーニングと呼ばれる方法で、歯肉の深い部分のプラークを取り除きます。スケーリングとは、歯肉ライン上もしくは下にある歯石を削り取るという意味です。ルートプレーニングとは、細菌が集まる歯根の表面の粗い部位を取り除いて、歯肉を悪くする細菌を付きにくくすることです。症例によってはプラークや歯石を取り除くために、レーザーを使用することもあります。この治療は、従来の方法に比べると、出血や腫れや違和感を少なくすることができます。

内科的歯周治療
内科的歯周治療も用いられますが、必ずスケーリング・ルートプレーニングが必要になります。どの程度病状が進行しているかにもよりますが、外科処置も必要になることもあります。 内科的歯周治療がどれくらい外科処置の必要性を減らすか、あるいは長期的な効果がどの程度あるかについては、まだ調査段階にあります。現在用いられている薬を以下に示します。

・抗菌うがい薬
・歯周チップ
・抗菌薬ジェル
・抗菌薬顆粒
・酵素抑制剤
・抗菌薬(飲み薬)

外科手術
フラップオペ 歯周ポケットの深い部分のクリーニングや薬による治療の後にも、まだ炎症や深い歯周ポケットが残っている場合、手術が必要になることがあります。深い歯周ポケット内にある歯石を取り除く、あるいは、歯周組織を清潔に保つために歯周ポケットを減らす手術で、フラップオペと呼ばれます。歯肉を引っ張り上げたり、歯石を除去することもこの手術に含まれます。歯の回りに歯肉がフィットするように、最後は歯肉を縫合します。歯周ポケット減少に伴い、歯が長く見えるようになることがあります。

骨と軟組織の移植 フラップオペに加えて、失われた骨や歯周組織を復活させる方法を提案することがあります。骨移植は、天然骨や人工骨を失われた部位に置く方法で、骨成長を促します。骨移植と一緒に行う方法として、骨再生誘導法とよばれます。ここでは、小さなメッシュのような材料が骨と歯肉の間に置きます。これにより、歯肉の組織が、骨が成長すべき場所に入りこまないようにして、骨と結合組織が復活できるようになります。成長因子であるタンパク質は、骨造成を促すので、この材料として使用します。歯肉がなくなってしまった部位では、人工的な材料や、口腔内の別の場所から取ってきた組織を用いて露出してしまった歯根を覆うのにもちいることもあります。

ケースにより異なるため、どの移植が長期経過で良い成績となるかを見通すことはできません。治療結果は多くの要因に左右されます。特に、どの程度歯周病が進行しているか、どの程度患者様が口腔ケアを自宅で行う事ができるか、が重要になってきます。また、喫煙などのリスクファクターも治療成績が低くなる原因です。口腔内の環境で、ある程度見通しをつけることが可能なので、お訪ね下さい。

(The contents were translated and changed by Sakura St. Minami dental clinic from the website of NIH; https://www.nidcr.nih.gov/OralHealth/Topics/GumDiseases/PeriodontalGumDisease.htm)

トップページ

トップページ

医院について

医院について

料金表

料金表


スタッフ紹介

院長・スタッフ紹介

アクセス

アクセス

  • Phone:
    047 (711) 1805
  • Email:
    info@minamident.com
  • Address:
    279-0041
    千葉県浦安市堀江6-1-43